4.センス(男性)

センスとは本来”五感”を意味する言葉ですが、一般的には美的感覚や感性のことをさします。
ではこの感覚や感性は持って生まれるものでしょうか? 答えは ” ノー ”   センスは日々の生活で磨けるものなのです。ただ、そこに意識があるか無いかが重要で・・・、例えば部屋のインテリアに興味があるとそこに意識が行きます。するとインテリアに関するセンスは自然と磨かれていきますが、興味のない人はいつまでたってもインテリアのセンスは磨かれません。
要はそこに意識があればそのセンスは磨かれていく・・・。もっと言えば磨きたいことを常に意識していたらそのセンスは磨けるってことなんです。

第一印象を良くするためには、まず服装のセンスを磨きましょう!
ただ、誤解しないでください・・・女性は高額なスーツを身に着けて欲しいわけではございません。それぞれ好みもあります。私が相談してきた女性の多くは「服装に”無頓着”な人が嫌です」と言っていました。合格点をもらうことより、落第点をつけられないレベルまでまず頑張りましょう!

そのためには前に書きました通り、毎日服装の事を意識してください。会社に行くときも、休日友達と遊びに行くときも・・・常にです。

良いパターンの一例です。a0002_010872

  1. その日の天候・気温・気分を考慮してシャツをチョイス
  2. そのシャツに一番似合いそうなズボンをチョイス
  3. その上下に一番似合いそうなベルトをチョイス
  4. 合わせて靴下をチョイス
  5. (季節や天候で必要であればアウターをチョイス)
  6. 全体の雰囲気に合わせて靴をチョイス

これだけでも一日最低5回の”意識”が向き、更に1年間毎日続けた人と意識していない人の差は歴然です。
悪いパターンは・・・目についたシャツを着て、一番手前にあったズボンをはき、ゆるくないからベルトはせずに、毎日履いているいつものクツ・・・これではセンスは磨けません。

それでは次のステップのお話です。
こうして毎日意識していると・・・「このズボンに合うシャツがないなぁ~」とか、自分の持ってるアイテムで不足しているものに気が付きます。これを買いに行くのです。そんなに高いものでなくてかまいません。
もう一つはカラーコーディネートの知識。最初は全身で2色にまとめると無難と言われてますね。入れても3色以内・・・それ以上は高度なコーディネートになるようです。
また、靴とベルトは同色が良いとか、スーツの場合はズボンと靴下は同色など、ある程度の法則がありますので学びましょう!
更には視覚的効果です。服装にも目の錯覚を利用した効果があります。丸首よりもVの方が首が長く見えるとか、横のボーダーより縦のストライプの方がやせて見えるとか・・・
この手の情報はインターネットにもたくさん載っているので知識として持っていて損はないですね。

最後になりますが・・・ここまでは日々のセンスのお話しです。前回お伝えしました通り、婚活には婚活用の一張羅(いっちょうら)を用意してください。
この一張羅を用意するにもセンスが問われます。この為に丸1日費やしても損はないくらい重要です。
いろんなお店を回り、それぞれのお店の店員さんにアドバイスを頂きながら、できたら女性の店員さんに1セットコーディネートしてもらっても良いでしょう。
初めての女性と対面する時用の一張羅を準備してください。

もう一度言います。
女性は無頓着が嫌いなのです。服装に意識を持つということは、初めて会う女性への心遣いなのです。
その気持ちを女性はいとも簡単に見抜くのです・・・。
なぜならほとんどの女性は毎日服装を意識しているからです・・・。

次回は、5.しぐさ についてです。

§ 著者紹介 §
田中 博文 : 結婚相談所マリーエール 代表相談員  <長野県結婚相談事業協同組合 理事長>
17年の経験と実績は様々な方面から認められ、各所で婚活ノウハウなどの講演をしている。
マリーエールは、そんなノウハウを個別にアドバイスしながらご縁のまとまるまでお世話致します。
どんなことでもお気軽にご相談下さい。