今回は、”少し親しくなってきた頃” のデート術です。
だんだん親しくなってきたら、デートの形式も少し変わってきます。

まず大きく変わるのがデートの時間。前回、出逢ったばかりの頃は3時間くらいを目安に・・・と書きましたが、この頃からは朝から夕方くらいに伸ばして良いでしょう。TAKEBEIMGL3785_TP_V1しかし、このタイミングで夜までのデートというのは危険と覚えておいてください。仕事終わりに「ご飯食べない?」と言うパターンは別ですが、休日に朝から夜までのデートはNGと言う意味です。
これについては統計ではっきり出ていて、8割以上の女性が、朝の待ち合わせは10時頃、帰宅は夕飯までには・・・と答えています。更には親御さん(特に母親)も、夕飯までに帰ってこないと娘を心配し相手の男性に不信感を持つ方が多いようですね。あくまで統計上ですので一概には言えませんが、なるべくリスクを避けた方が失敗は少ないと思います。例えばディズニーランドへ行こうとするとこの日程では難しいでしょう。という事はもう少し親しくなってから・・・と考えた方が、あくまでも無難という事になります。 まぁ初デートのNGデートスポット・・・でも書きました通り、別の意味でも最初の頃に遊園地デートはお薦めしませんが・・・。

次にデートの誘い方ですが、「今度の日曜日会わない?」とか漠然と誘うのではなく、デートのプランをちゃんと伝えて誘うことをお薦めします。お付き合いの長い相手となら、会ってから「今日どこに行く?」なんて事も多いでしょう。しかし、この頃は 例えば「今度の日曜日 新潟までカニを食べに行きませんか? 朝10時頃お迎えに行って、夕方までには戻ります。」とか、 これくらい いつ・どこに行って・何をするのかを明確に伝えてお誘いするのがお薦めです。女性は海までカニを食べに行くのと、上高地に散策に行くのでは、心づもりも服装も履いていくクツも変わります。まして様子が解ると返事もしやすいでしょう。
更には、ここまで明確に誘うと、YesかNoかしかなくなりますので明確な返事が返ってきますよね。

次に ”気遣い”と言う点についてお話させて頂きます。
tcar170809-0061_TP_V1前回の”出逢ったばかりの頃”でもお話させて頂きましたが、まだまだどこかで気を使っているのがこの頃です。車に酔ってもなかなか言い出せなかったり、まして「トイレに行きたい」この言葉ですら言い出せない女性を多々お見受けします。デート中は常にアンテナを張り女性の表情の変化に気づくことが大切です。例えば、自分がトイレに行きたくなくても「トイレに寄らせて・・・」と道の駅やサービスエリアに寄れば、女性も何気に済ませることができますよね。何事にもこれくらい気遣う気持ちがあれば、その優しさはきっと相手の心に響くでしょう。

最後に会話についてですが、徐々にプライベートな質問やお話も大丈夫でしょう!・・・と言うより、お相手があなたの事を信頼していれば自ずとプライベートな話もしてくれるようになってきます。このタイミングを見定めることが大切ですね。待ち合わせの場所がだんだん自宅近くになり、自宅まで迎えに行くようになれば関係が進んでいる証拠です。逆に何度かデートを重ねても、自宅も職場も知らない状況であればまだ信頼されていないと思っても過言ではないくらいです。無理にプライベートな事を聞こうとせず、信頼を得られるよう関係を深めることに専念しましょう。しかし、気を使いすぎて何も聞かないと「私に興味ないのかしら・・・」と誤解されることもあるので、核心に触れない程度な質問は多少なりとも大切ですね。

 

§ 著者紹介 §
田中 博文 : 結婚相談所マリーエール 代表相談員  <長野県結婚相談事業協同組合 顧問>
18年の経験と実績は様々な方面から認められ、各所で婚活ノウハウなどの講演をしている。
マリーエールは、そんなノウハウを個別にアドバイスしながらご縁のまとまるまでお世話致します。
どんなことでもお気軽にご相談下さい。